パーソナルスタイリストとは?


 パーソナルスタイリストとは、個人に対してファッションのコーディネートやアドバイスをする仕事です。

 

主なサービスとしては、ショッピング同行としてお客様と一緒にショッピングをしながら、コーディネートやファッションに関するアドバイスを行ったり、ご自宅にお伺いしてワードローブの構築を行います。

 

また、ファッションの専門家として、コラムの執筆やファッションセミナーや企業研修を展開することも

できますし、弊社の場合には、ポートレイト撮影同行やヘアサロンの同行など、洋服だけでなく

個人向けのファッションアドバイスに関する仕事内容が自然と広がっています。

 

 

私自身が、誰も確立していなかった2002年から好きで始めたこの仕事ですが、これまでに本当に

多くのお客様から喜びの声を頂いています。

 

この仕事の最も素晴らしい点は、

 

「お客様に喜ばれること、そしてその喜びや笑顔が次の自分の仕事のエネルギーとなること」

 

その素晴らしさとやりがい、そして外から見ると簡単そうに見える職業のせいか、2005年あたりから

「パーソナルスタイリスト」と名乗る人が増えました。

 

しかしながら、このパーソナルスタイリストを良い形で発展させる重要なポイントを、知らないまま

起業している方も多いので、実際に集客につながりにくい状況を招いているようにも、先達として

感じられます。

 

土台をしっかりさせないと建築物が建てられないように、ファッションの知識や技術、そして人との

コミュニケーションという土台をしっかりさせないと、お客様に支持されるパーソナルスタイリストに

なって仕事と続けていくのは難しいと私は思います。

 

また、ビジネスとして成り立たせるには、マーケティング能力やパーソナルスタイリストとしての

ブランディングが欠かせません。

 

 

そういった大切な部分も伝えていくため、パーソナルスタイリスト養成塾では知識やノウハウを学んで

終りというものではなく、本当にビジネスとしてサービスを行うことができるようなカリキュラムを少人数で

じっくりと学んで頂けるように作っています。

 

  ファッションが好きで人が幸せになるサポートをしたい!

 

  人が喜ぶ顔を見るのが、何よりもうれしい!

 

そんな方にはぜひ、パーソナルスタイリストを目指して頂きたいと思います。

 

 

  ≫パーソナルスタイリストの活躍の幅はどんなもの? 

 

  ≫成功するパーソナルスタイリストの条件とは?

 

  ≫パーソナルスタイリスト養成塾の特長