パーソナルスタイリストの活動の幅とは?


パーソナルスタイリングを学ぶことは、単にパーソナルスタイリストとしての活動だけでなく、

個性や強み、マーケティング方法によって広がっていきます。

 

自然と広がってきた、三好の活動の幅についてご紹介いたします。

 

 

● 個人向けパーソナルスタイリングサービス

 メインとなる個人を対象としたファッションアドバイス・スタイリングサービスです。

 ファッションのコンサルティングから、ショッピング同行、ご自宅へ伺ってのワードローブチェックが

 主なものとなります。

 お客様からのリクエストから始まった美容院同行や写真撮影同行も行っています。

 

 

● 法人、経営者向けビジネススタイリングサービス

 パーソナルスタイリングのビジネス版です。対象者が法人の代表や幹部、個人事業主になり、

 場合によっては、マナーや立ち居振る舞いなどもアドバイスしています。

 メディア出演のある方には、顧問契約なども行っています。

 

 

● セミナー、企業研修、講演

 ファッションに関するセミナーを団体や企業より依頼を受けて行ったり、自主開催による

 ファッションセミナーもパーソナルスタイリングの知識があれば開催可能です。

 また、ビジネス系のスタイリング知識があれば、企業研修や身だしなみの研修なども

 応用すれば開催することは可能です。

 

  専門性の違う方とコラボレーションして、セミナー開催も活動に広がりを持たせてくれます。

 認知度の低い仕事であるがゆえに、第3者が主催するセミナーなどにパネラーやゲストとして

 招かれることもあります。

 

 

● ファッションに関する執筆

 文章を書くのが好きな方なら、書籍の出版や、ウェブサイト、新聞、雑誌でのコラム執筆も

 行うことができるでしょう。もちろん、初めは企画を練って、認めてもらうことが必要ですが、

 実績ができれば、依頼も入ってきやすくなります。

 

 

● イベントでのセミナーや講演、スタイリング

 商業施設などのイベントでのプチセミナーやビフォー&アフターのスタイリング実演なども

 企画が通れば行うことが可能です。仕事としてだけでなく、実績づくりのひとつとしても

 デビュー時にはぜひチャレンジして頂きたいことです。

  

 

他にもたくさんの仕事の広がりがあります。

あなた自身の可能性を、パーソナルスタイリスト養成塾で学んで頂きながら、見つけていきます。

やる気があれば、可能性はどんどん広がっていきます。

 

 

 

 

      ≫成功するパーソナルスタイリストの条件とは?

 

 

      ≫無料説明会のご案内