成功するパーソナルスタイリストの条件

 

お客様に支持されるパーソナルスタイリストになるには、

以下の要素が必要だとレアリゼスタイルは考えています。

 

 

1.ファッションに関する正しい知識の習得 


たとえアパレル企業の経験があっても、ファッション関連の学校を出ておらず、デザインや生産、企画以外の担当であれば、パーソナルスタイリストとしての専門知識はないに等しい状態です。

 

また、販売経験があることは非常に有効ですが、知識においては個人差が非常に大きいのも事実です。

 

正しい知識というのは、ファッションコーディネートをする上でのさまざまな内容です。

素材やパターンなどだけでなく、その業界や流通に関することなども含まれます。

これは知識を積み上げることで修得できるものですので、まずは自分が何も知らないという立場に立った方の方が、勉強熱心なことも多いのです。

 

 

2.コミュニケーション能力を磨いている


パーソナルスタイリストになるために、コミュニケーションの勉強をする方やカリキュラムに組まれていることはほとんどありません。


しかしながら、これは最も重要なスキルの一つ。

本当にお客様に喜んで頂けるサービスを行うには、コミュニケーションでお互いを理解し信頼できる関係造りが大切です。

 

 

3.自分の強みを発揮したサービス内容の展開


「誰でもスタイリングができます」というスタイリストと、

「○○を専門としてその知識やスキルを十分に研究したスタイリングを行います」というスタイリストでは、

○○が自分のニーズに合っていれば選ぶのに迷いませんね。


お客様にわかりやすくするためにも、そして自分の得意分野をさらに磨くためにも、現在はパーソナルブランディングがビジネスには欠かせません。


そんな状況を把握した上でのビジネス展開がパーソナルスタイリストにも必要なのです。

 

あなた自身も自分の得意分野を持った方が、仕事を深められると思いませんか?

 

 

 

これら3つの要素をカバーして作られたのが、パーソナルスタイリスト養成塾です。

その特長をご説明いたします。

 

 

≫パーソナルスタイリスト養成塾の特長